美白の敵メラニン色素とは

> 美白の敵メラニン色素とは

美白の敵メラニン色素とは

肌のくすみや黒ずみシミの原因となっているのは、メラニン色素であることは触れました。
美白を目指すという観点から見ると、天敵ともいえるメラニン色素にも、
実はちゃんとした役割があるんです。

その役割とはズバリ、私たちの体を守ることです。
え?ということは、メラニン色素を取り除いて美白になるというのは、
体を守れなくなってしまうの?と思った方、それは正解です。

もうちょっと詳しく書きますと、メラニン色素の役割は
肌細胞のひとつである「核」と呼ばれる部分に異変が起こったとき、
それ以上異変が起こらないように防御を行うことが本来の仕事です。

この変化を引き起こす原因というのが、紫外線による日焼けであったり、
肌への刺激だといわれています。

キツイ下着を着けていたりすると

まあ、顔だとなにかキツイものを着用することはほぼありませんが、
例えば、キツイ下着をずっと着けていたりすると、肌が擦れることで刺激を与えてしまい、
メラニン色素が生成されて肌を守ろうとします。

よく締め付けのキツイ部分が赤くなったり、ひどくなると黒ずんでしまったりしますよね、
こういった刺激もメラニン色素を作ってしまう原因になるわけです。

ですから、お風呂に入ったときなんかに、ナイロンのタオルなどで
体を強く擦ったりする習慣がある方もいるかと思いますが、
それもメラニン色素を生成する原因となるのです。

美白ケアの基本として言えるのは、顔に限らずお肌を洗うときは、
できる限り優しく洗って、刺激を与えないというのもあるんです。

顔やデコルテ、腕や脚などの普段露出する機会のある部分だけ美白でも、
いざというとき?がっかりなんてことにもなりかねませんから(汗)
せっかく美白を目指すのであれば、目立つ部分だけでなく、
全身美白を目指しましょう!!

美白について

今注目の美白化粧品

美白になる方法

COPYRIGHT© 2013 スキンケアの基本は美白ケア ALL RIGHTS RESERVED.