くすみをとって美白に!

> くすみをとって美白に!

くすみをとって美白に!

くすみとは、メラニン色素が沈着して
褐色や黒っぽいシミのようなものが残っている状態ことをいいます。
ここでは、こうしたくすみをなくし、美白に近づくための方法について説明します。

紫外線を浴びたり、ストレスを感じたりすると、
体内で活性酸素が大量に発生し、チロシナーゼとよばれる酵素が活性化して、
メラニン色素を作り出します。
メラニン色素が増えていくと、肌表面に黒く色がつくようになり、
こうした色素沈着によってシミやそばかす、くすみが増えていきます。

また、糖分を大量にとることによって、肌のタンパク質と糖分のグルコースが結合して変性し、
黄色もしくは褐色に変色してしまうくすみとなります。

このような黒ずみをなくし、美白を保つためには、
保湿と美容成分の導入、紫外線をブロックすることが大切です。

保湿

まず、美白を維持するための保湿についてです。
きちんと保湿がなされ、潤いを保った肌は、
きちんとターンオーバーをすることによって若々しい組織が作られます。

乾燥した肌では、細胞の修復と再生がきちんと行われないので、
メラニンの排出がうまくなされません。
きちんと化粧水で水分を補い、乳液やクリームなどの油分で水分にふたをし、
保護することが大切です。

美容成分

次に、美容成分についてです。
メラニン色素を排出し、生成を抑制する美白成分として、
ビタミンCやビタミンB、アルブチンなどがあります。
ビタミンCとBは、それぞれ肌細胞の代謝を促すため、老廃物としてメラニンを排出してくれます。
アルブチンは、チロシナーゼ酵素の働きを抑制するため、
新しい黒ずみができないよう働きかける美白成分として有名です。
これらを含んだ美容液やパックを活用し、
肌の角質層に浸透させることで、美白効果が高まります。

紫外線をブロック

最後に、紫外線をきちんとブロックすることです。
日常的に日焼け止めを活用し、肌を紫外線から守りましょう。

紫外線は、美白の最大の敵であり、コラーゲンを破壊して乾燥肌を招き、
たるみとくすみを増やします。
きちんと日傘や日焼け止めを使ってブロックしましょう。

美白について

今注目の美白化粧品

美白になる方法

COPYRIGHT© 2013 スキンケアの基本は美白ケア ALL RIGHTS RESERVED.