スキンケアの基本である美白に効果のある化粧品や基礎知識について

スキンケアの基本は美白ケア

世の女性はなぜ「美白」にこだわるのでしょうか?

夏の日差しに小麦色の肌はとても栄え健康的に見えますし、
冬は雪山にでも行かない限り日に焼けることはありません。

しかし夏は長袖を羽織り日陰を選んで歩き、冬でもUVカット効果のあるファンデーションを使い、
洗顔後には美白効果のある美白化粧品でスキンケアをする女性は少なくありません。
「紫外線は季節関係なく一年中降り注ぐ」と彼女たちは言います。
少々大げさに聞こえるかもしれませんが、
彼女たちの言っていることは決して間違ってはいないのです。

ひとえに「美白」と言ってしまうとただ単に肌の表面の色を白くするだけのように聞こえますが、
実際はもっと肌の内側へアプローチしているのが「美白ケア」なのです。
内側とは極端にいえば内臓を酵素ダイエット ドリンク等でデトックスを行うことが最も根本にアプローチする方法です。

但し、栄養や肌への外部からのダメージも老化の原因になる為、内と外の対策が必要でどちらか一つではきれいな肌は手に入らないといえるでしょう。

3種類の紫外線

紫外線にはUVA、UVB、UVCの三種類があります。
UVCは波長が最も短く、太陽から放たれても
オゾン層に吸収されるので私たちがいる地上には届きません。
ですから残りのUVAとUVBへのケアが大切となってきます。

私たちのお肌が紫外線を浴びて黒くなるのはUVBが影響しています。
UVBを浴びた肌はすぐに反応を示し、それが日焼けとなるのです。

一方UVAは浴びた時点では肌の表面に変化は現れません。
ですがこのUVAが曲者で、肌の内部にメラニン色素を形成し、
10年後、忘れた頃にシミやたるみを引き起こすのです。

日焼止めを塗れば新しいメラニン色素の形成は防げますが、
一度できてしまったものには効果がありません。そこで大切なのが日々のスキンケアなのです。

メラニン色素

美白効果のある化粧品はこのメラニン色素の形成を抑える効果があります。
できてしまったメラニン色素への働きかけは早ければ早いだけ有効です。
ですから日常生活で「気づかないうちに」浴びている紫外線
(UVAは窓ガラスを通り抜け室内にも入ってきます)への対処は、
毎日習慣的に行っているスキンケアが最も効果的なのです。

また美白美容液をはじめとする美白ケア商品には、皮膚への浸透力に優れた
ビタミンC(ビタミンC誘導体)を含んでいるものが多く、
この成分は大人ニキビやニキビ跡にも有効です。
美白ケアをするという事はシミやそばかすを防ぐことができるほか、
顔だけに限らず全身のケアを行うことで、全体的な美肌へと繋がるのです。

冬~春の乾燥する時期に馬油などで化粧水を閉じ込める

年代関係なくスキンケアは大事ですけども、洗顔、化粧水、乳液だけで済むのは10代~20代前半までではないかと。20代に入ってからしっかりとケアしたい場合、馬油などの乳液の後に蒸発を閉じ込めるオイルを使うと調子よくなります。 個人差や油が合わないってこともあるでしょうから馬油じゃなくてもいいですが馬油はめっちゃおすすめです。ドラックストアやドンキとかでも売ってまして1,500~2,000円のがいいですね。オイルなので伸びるので少量でもしっかりケア出来る為多少高い商品でも2~3ヶ月は余裕で使えます。

肌に限らず水分は蒸発していくので、髪の毛にもお風呂から上がった後につけるオイルとかも売ってますからね。オイルってめちゃくちゃ大事です。正直化粧水や乳液は安いのでオイルにお金かけるってやりかたが今のマイベストスキンケアですね。真似していいですよ。特に20後半から30代の方は是非。

応援:水宅配の匠

美白について

今注目の美白化粧品

美白になる方法

COPYRIGHT© 2013 スキンケアの基本は美白ケア ALL RIGHTS RESERVED.